マタニティフォトは想い出の品

絶賛のマタニティフォト

女性の注目を集める理由がマタニティフォトにはあるようです。

うら若き恋する乙女、特に赤ん坊をお腹に抱える妊婦さんにマタニティーフォト (マタニティ写真)が人気を集めていることに気が付いているのは、なにも流行に敏感 なお嬢さんたちだけではありません。 小中学生の間ではほとんど話題にならないでしょうが、二十歳を超えている女性なら 一度は聞いたこともあるでしょうし、35歳位の既婚女性なら経験者もかなりの割合 になるのではと推測されています。 男性だとあまり気にしない、興味がないという人も多いのですが、赤ちゃんでお腹が 膨らんでくる頃合の女性にとっては一番興味を持つことになるでしょう。 ですが男性が全くの無関心とは限らず自分の奥さんの大きな腹部を記念に撮影したい、 と願う夫もいるわけで、つまりは夫婦のどちらもがマタニティフォトに興味津々な ご家庭も少なくはないのです。 モデルとなる女性の方がこの話題に敏感で隙あらば自分も、と考えていますが、理解 のない奥さんと結婚してしまった男性の中には擬似マタニティフォトを自分がモデル となり撮影する方もいますし、女性にしか許されない記念撮影だった時代はとうの昔、 今ではぽっちゃりした中年男性がお腹を晒してあたかも妊娠しているかのようなポーズ で奥さんに代わりマタニティフォトを撮影するのも密かなブームのようです。 他の記念撮影とは違ってポーズも幅広く考えられますし、写真スタジオで畏まっての お堅い撮影とは一味違うのもまた魅力で、そこも人気の秘訣でしょう。 和服やドレスでの撮影よりも神秘的な被写体ですし、ごく限られた期間でしか作品を 残せないというプレミアム的な要素もあります。 妊娠中の女性のお腹の曲線ほど美しいものは無いと力説するアーティストも多分おり、 最初はモデルをやることに不安だった女性も先人達の写真をみて「こんなに素敵な お腹の写真ならやっぱり私もやってみようかしら」「太っているだけにしか見えないと 思ってたけどこんなボディラインなら全然恥ずかしくないかも、サンプルの写真を 100枚以上見たけどどれも素敵な映像でゾクゾクしちゃった」と前向きな決心を される女性の数は年々上昇し続けているようです。 妊娠中はスタイルが悪くなるからとてもじゃないけどお腹の写真なんて撮れないと 頑なに拒否する妊婦さんも少なくは無く、このスタイルの問題が一番の心のハードル になるのは否定しようのない点ではありますが、そうやって尻込みするのは間違いなく マタニティフォトを一度も自分の目で見たことのない女性です。 なぜかというとインターネットで検索してサンプルをご覧になればわかりますが、 妊娠されている女性の腹部の曲線美は少しも醜いものではなく、優しくて美しい 大自然を感じさせる芸術的な丸みであるからです。 丸みのある被写体は見るものを安心させる効果があるのか、スマートなスタイルの 女性がモデルの写真を眺めるよりも心が和み自然と笑みが浮かびます。 さらにその中には新しい生命が宿っているのでなんとも神秘的、見る者の心が躍動 しそうな効果も持ち合わせているでしょう。 妊婦さんの表情もなんとなく神々しく感じられ、写真を肌身離さず三日三晩所持して いれば宇宙の真理が理解できそうな錯覚すら覚えてしまいます(実際にはまずそんな 閃きが起こったり奇跡体験をすることはありませんが)。 七五三や成人式でも写真スタジオで記念写真を撮影することはあるでしょうが、 それは衣装を身に纏っただけの写真でむしろその振袖なりの方に視線が行ってしまい モデルの人物はやや影が薄くなりがちです。 でもマタニティフォトは衣装や小道具ではなく完全にモデルの人物が主役となります。 より具体的に表現すれば妊娠しているモデルの腹部こそが作品最大の目玉、これが 最重要パーツになり、小道具や衣装は演出のための脇役です。 このわかりやすい点も注目を浴びたい女性に人気がある理由なのかもしれません。